FC2ブログ

記事一覧

復活してきた茄子たち

先日の大雨、突風でゆられ、こかされてしまった茄子たち。何とか良い実を成らしはじめました。根を傷めたらなかなか本調子になるまで時間かかりそうですが、美味しく頂いています。茄子栽培はすぐに水をためられるような場所でやっています。元田んぼの場所ですが、水を好む茄子には最適。このまま順調に大きく育ってくれればいいですね...

続きを読む

農業研修 西脇市Tさん今年の夏は猛烈に暑く厳しい環境の中、なんとか8月を乗り越えましたね。やっと涼しくなってきました。西脇の「あけるま」さんのご紹介で将来農業をしていきたい女子高校生を紹介していただき2週間ほど竹岡農園の仕事を一緒にやりました~7月下旬の一週間は畑で農作業に明け暮れ、8月下旬の一週間はお客様が毎日来られていたので野菜のお世話をしながら接客業務を中心に一生懸命です。どのくらい本気でや...

続きを読む

昨年からお客様の家庭菜園や他業者さんの畑の土づくりも相談されることが多くなってきまして、今年は6ヵ所ほどご相談に乗っています。やっぱり出来ることなら無農薬で栽培したいですよね。丹波・神戸・西宮・大阪・奈良・和歌山まで…まぁ、勝手におせっかい焼いている場所もあるんですが(笑)宣伝もしないのにどんどん広がってしまい…先週末から神戸、大阪、奈良のお客様のところで畑づくりしてきました。丹波の竹岡農園の管理圃...

続きを読む

酵素肥料の実証試験が3シーズン終わりました。酵素にスイッチを入れるキーポイントとなる一つが湿度ですが、今年はどしゃぶりの雨で正直根っこまで腐ってきてるんじゃないかと思うほどでしたが、そこからの立ち直りが驚くほどのスピードでした。害虫発生も例年よりきつくいくつかの圃場はボロボロにされて種を蒔きなおしたところもあったというのに、酵素を入れ続けているところでの仕上がりはとっても綺麗な状態です。気候変動で...

続きを読む

冬野菜ぞくぞくと出してます♪野菜じゃないけど、びっくりしたのはミカンにも虫ってつくんですね!自宅前に300個ほどなってるうちの数個が虫のデザートになってました。笑...

続きを読む

西宮も随分お世話になってます。西宮北口「旨辛食堂 炎」のらいさん。この人は根っからの料理人さんで、食材に対してもすごく理解の深い人。店の前でめちゃハーブとか自分で育ててはります。いろいろひっぱりだこで、大阪にもとってもお洒落なバーのお店あったりするのですが…大阪はやっぱりちょっと遠いので、今日は西宮。実は、らいさん。奈良への移住計画なんかもあったりして、今度開墾を手伝いに行きます。丹波の農家のために...

続きを読む

丹波百姓の酵素部屋「糠天国」のご案内

【酵素部屋をリピートしてみました】こんにちは。横山です。竹岡農園の酵素部屋、非常に良い発酵状態です。とっても良いにおいがして上で寝転がりたいという方まででてきました。入ってみたらとっても気持ちいいということで、たくさんの方が体験入室されたようです♪僕も前回体験入室させていただいたのですが、酵素部屋は何回も入ることによって体温が上がりさらに自然治癒力が高まるとのこと。ということで、2回目の入室です。 ...

続きを読む

酵素部屋について

【酵素部屋で寝てみました】こんにちは。研修生の横山です。竹岡農園の酵素部屋、外観はこの通り。おぉ、なんとオシャレな!酵素部屋とは、その名の通り糠が発酵している小屋のことで善玉菌という菌が糠を食べて排泄した酵素の上で寝るというものです。 野菜の栽培に三木の竹内商会さんの酵素肥料を使ってみたところ、健康的な野菜が育つことがわかったのです。"これだけ野菜が元気になるなら、人間も元気になるはず。"三木の竹内...

続きを読む

10

...

続きを読む

9月に入り…

大変な8月を乗り越え、9月になりました。オクラが9月よりよくなってきています。秋冬野菜の苗もたくさん。今年は、例年の白菜、レタスなどに加え、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツなど苗三昧で、大根や人参、カブなどを播いていると、植える場所がなくなってしまいました。近況は、またこの後アップしますね♪...

続きを読む

プロフィール

丹波の百姓

Author:丹波の百姓
奥丹波地域と呼ばれる丹波の最奥にある世帯数13件の小さな集落 笛路村。
ここでは4方が山に囲まれ、源流と呼ばれる川の最上流に位置し、代々お百姓さんたちが積み上げた石垣の棚田を綺麗に保全する原風景が今も存在しています。

竹岡農園はその最上部に位置し、露地野菜を中心に無農薬・無科学肥料栽培で生産活動を行ってきました。
私たちは、一人一人の手作業を中心に一つ一つ真心込めて育てることを大切にしています。山間部の一枚一枚日照時間の違う畑で、毎年変わる気候変動に作物を心配し、作業を工夫し、作物自身が育つ力を信じることを一年一年積み上げていきたいと思っています。

農村の暮らしが息づく里山で竹岡農園に関わる全ての人が、人間本来の在り方に気づいて、ほっと出来るようなそんな居心地の良い場所になれるよう自然と共に生きていくことが竹岡農園のミッションです。

お問い合わせ
TEL :0795-71-1240(現場仕事なのでほぼ繋がりません)
携帯:080-1518-5904(代表)
酵素風呂・民宿のご予約は、080-8537-0541

メール:info@takeokafarm.com