FC2ブログ

記事一覧

小豆と大豆収穫終了

今年は台風やら、雨が降らなかったり、色々と気候に左右されていましたが、何とか全ての豆たちの脱粒が終了しました。応援、ありがとうございました。...

続きを読む

耕すプロジェクト~山南町畑内2018年11月~

今月の山南町畑内での栽培指導は、大納言小豆の収穫と秋冬野菜です。2年目に入り、土もだいぶできてきましたね~ただ、まだまだ害虫にやられてしまっている状況です。改良の余地ありですね。...

続きを読む

無農薬ゆずのおすそわけ。

竹岡農園のご近所さんから分けて頂いたゆず。ゆずは毎年植えているのですが、なかなかなりません。めちゃ嬉しいです。笑ありがとうございます~...

続きを読む

秋冬野菜生産

秋冬野菜の作付け一通り終わりました。なんと綺麗な!里山の畑に美しい野菜の葉っぱたちが広がります。嬉しいですね~このまま無事に育って欲しいなぁ...

続きを読む

関西大学ワークキャンプ受け入れ

関西大学ワークキャンプ受け入れ終了です。竹林討伐お疲れ様でした♪過酷な経験はきっとみなさんの人生の糧になってくれると思います。...

続きを読む

里山フレンチ用 黒枝豆

めちゃ花が咲いてます。毎年ベストをつくして栽培していますが、今年も徹底的に手を入れているので、きっと黒豆も応えてくれることでしょう。...

続きを読む

見習い2ヶ月目に突入。

笛路村での農業は圃場の半分が草刈り面積なので、草刈りをいかに安全に、早く、正確にやれるかが第一歩です。見習い高石、2ヶ月目に突入。最初の3ヶ月で、得手不得手を見極めて2年後の目標を一緒に決めていきます。デビュー戦無事に終えることが出来ました。...

続きを読む

2018年度体制

6月から高石が新しく住み込みで百姓見習いとして農園で働いています。今年は、源流野菜セットとして、笛路村の地の利と竹岡農園の無農薬栽培の特徴を生かした、とことん純粋な野菜たちを育てていこうと思っています。仲間がまた一人増えましたので、ご来園の方々には色々とまたお世話になりますがよろしくお願いします。...

続きを読む

じゃがいも定植終了

スタッフの椴木のトラクターデビュー戦。カチコチです。笑全部で約1反くらい定植しました。ちょっと足りなさそうですが、ニーズに合わせて作付け面積を拡大するより、畑のグランドデザインの中で適正な作付け計画を考えていきたいと思います。...

続きを読む

厄神祭まであと少し。

今年は、誰と会っても誰と電話をしても、「寒いですね~」から会話が始まります。笑百姓的には、ここまで寒いとまた夏場猛暑になったり色々と対応の激しい一年になりそうだなぁと。厄神祭まで後少し。厄神さんが終われば、気候は温かくなってくるのでジャガイモのタネを用意して、段取りしていきます。...

続きを読む

プロフィール

丹波の百姓

Author:丹波の百姓
奥丹波地域と呼ばれる丹波の最奥にある世帯数13件の小さな集落 笛路村。
ここでは4方が山に囲まれ、源流と呼ばれる川の最上流に位置し、代々お百姓さんたちが積み上げた石垣の棚田を綺麗に保全する原風景が今も存在しています。

竹岡農園はその最上部に位置し、露地野菜を中心に無農薬・無科学肥料栽培で生産活動を行ってきました。
私たちは、一人一人の手作業を中心に一つ一つ真心込めて育てることを大切にしています。山間部の一枚一枚日照時間の違う畑で、毎年変わる気候変動に作物を心配し、作業を工夫し、作物自身が育つ力を信じることを一年一年積み上げていきたいと思っています。

農村の暮らしが息づく里山で竹岡農園に関わる全ての人が、人間本来の在り方に気づいて、ほっと出来るようなそんな居心地の良い場所になれるよう自然と共に生きていくことが竹岡農園のミッションです。

お問い合わせ
TEL :090-6249-5540
携帯:080-1518-5904(代表)
酵素風呂・民宿のご予約は、090-6249-5540

メール:info@takeokafarm.com