記事一覧

サツマイモ収穫祭and栗収穫祭and黒枝豆収穫祭です(笑)

たんぽぽの会様をお招きしての、NPO法人ソーシャルサポートセンターひょうごさんとのコラボ企画:竹岡農園presents 秋の収穫祭です♪

栗の時期と重なりましたので栗ご飯、枝豆出荷も早かったので黒枝豆をメインに食欲の秋を楽しんでいただきました^^

少し雲っていたおかげで、誰一人体調を崩されることなく無事に行事を済ませられましたね。


午前中収穫、午後より食事会を行いました。

作業中は少ししんどそうでしたが、焼き芋を食べ始めると元気が復活したようです(笑)

天気は少し曇っていましたが、みなさんの笑顔がまぶしいです♪


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

有難うございました

ブログへのお返事、有難うございました。
下記に「黒枝豆」の詩を掲載しています。
よろしかったらご覧ください。
http://kurara-yuka.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303310641-1
本当に有難うございました。

Re: 有難うございました

ご丁寧にありがとうございます。
このご縁を大切にしたいとおもっておりますので、是非ともまた遊びに来てくださいね^^

黒豆の詩をNPOスタッフと一緒に拝見しました。
めちゃくちゃ可愛い詩ですね♪
当日参加していたスタッフの一人が非常に気に入っておりました。

また元気なお顔をお見せくださいませ。

竹岡

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹波の百姓

Author:丹波の百姓
奥丹波地域と呼ばれる丹波の最奥にある世帯数13件の小さな集落 笛路村。
ここでは4方が山に囲まれ、源流と呼ばれる川の最上流に位置し、代々お百姓さんたちが積み上げた石垣の棚田を綺麗に保全する原風景が今も存在しています。

竹岡農園はその最上部に位置し、露地野菜を中心に無農薬・無科学肥料栽培で生産活動を行ってきました。
私たちは、一人一人の手作業を中心に一つ一つ真心込めて育てることを大切にしています。山間部の一枚一枚日照時間の違う畑で、毎年変わる気候変動に作物を心配し、作業を工夫し、作物自身が育つ力を信じることを一年一年積み上げていきたいと思っています。

農村の暮らしが息づく里山で竹岡農園に関わる全ての人が、人間本来の在り方に気づいて、ほっと出来るようなそんな居心地の良い場所になれるよう自然と共に生きていくことが竹岡農園のミッションです。

お問い合わせ
TEL :0795-71-1240(現場仕事なのでほぼ繋がりません)
携帯:080-1518-5904(代表)
酵素風呂・民宿のご予約は、080-8537-0541

メール:info@takeokafarm.com