FC2ブログ

記事一覧

7月初旬のこと。

4年目の自然農法の田んぼでは、タガメやゲンゴロウなどこれまで見かけなかった昆虫が出てきて、先日は遊びに来た子がミズカマキリが居ると大はしゃぎしていました。笑
ミズカマキリはまだ見たことないので見つけるのが楽しみです。
暑くなってきて、夏野菜の美味しい時期ですね。
野菜は基本的に、暑い時期は体を冷やしてくれる野菜がたくさんあって、寒い季節になると体を温める野菜が多く季節に応じて旬のものを体に取り入れて、暑くなったり寒くなったりする自然環境で体のバランスがとれるようになっています。
野菜の面白いのは、体を温める根菜類は自分に熱を持っているので太陽の陽から遠ざかって土の中に入っていきます。全ての根菜が体を温めるわけではないようですが、逆に体を冷やしてくれる野菜たちは自分たちが冷やす構造をしているので温かい太陽の陽に近づいていくようになっているんですよ~
今週もたくさんの出会いに感謝です。

13619879_1092557707491044_2550974352452985930_n.jpg
13627065_1092558977490917_4929968372185029673_n.jpg
13592659_1092557677491047_3781343937408359078_n.jpg
13592359_1092557610824387_674030967456000917_n.jpg
13614918_1092557654157716_8432792200330176825_n.jpg
13620184_1092558964157585_4634178412302096145_n.jpg
13627106_1092557557491059_1229821419431361831_n.jpg
13627198_1092557480824400_4931214637277112144_n.jpg
13654194_1092557517491063_5279794731842512915_n.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

根菜類の野菜とそうでない野菜の話は、素人にも分かりやすいです。17日の交流会はそんなことも頭に入れて農作業行います。昼飯が楽しみ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹波の百姓

Author:丹波の百姓
奥丹波地域と呼ばれる丹波の最奥にある世帯数13件の小さな集落 笛路村。
ここでは4方が山に囲まれ、源流と呼ばれる川の最上流に位置し、代々お百姓さんたちが積み上げた石垣の棚田を綺麗に保全する原風景が今も存在しています。

竹岡農園はその最上部に位置し、露地野菜を中心に無農薬・無科学肥料栽培で生産活動を行ってきました。
私たちは、一人一人の手作業を中心に一つ一つ真心込めて育てることを大切にしています。山間部の一枚一枚日照時間の違う畑で、毎年変わる気候変動に作物を心配し、作業を工夫し、作物自身が育つ力を信じることを一年一年積み上げていきたいと思っています。

農村の暮らしが息づく里山で竹岡農園に関わる全ての人が、人間本来の在り方に気づいて、ほっと出来るようなそんな居心地の良い場所になれるよう自然と共に生きていくことが竹岡農園のミッションです。

お問い合わせ
TEL :090-6249-5540
携帯:080-1518-5904(代表)
酵素風呂・民宿のご予約は、090-6249-5540

メール:info@takeokafarm.com