FC2ブログ

記事一覧

酵素風呂 本家を視察

酵素浴のクオリティ向上を目指し、研修として里山酵素浴 "糠天国" の本家となる竹内商会さんへ行ってきました。

竹内式酵素風呂の生みの親である竹内さんのお話を伺いながら、酵素風呂のルーツをたどっていきました。

化学肥料が蔓延した現代において、このままでは土壌はいずれ死んでしまう。将来最悪のシナリオを迎えないように微生物が満ちた発酵肥料を作ろうというのが始まりでした。
試行錯誤を重ねて完成した肥料は微生物が発する波動に満ち溢れ、土や野菜だけでなく人の体にも効果をもたらすことがわかり、そこから酵素風呂がスタートしました。

土によって成り立っている我々百姓にとって、未来永劫残していける土を作っていくというのはとても重要なテーマです。

人への効能も大変素晴らしいのでそちらが注目されがちですが、竹岡農園の酵素風呂も同じように土づくりの観点から酵素生産がスタートしています。

原点を忘れず、ひたすら微生物と向き合って酵素づくりを極めていきたいものです。

さて、前置きが長くなりましたが今回の研修では実際に竹内さんの酵素風呂に入らせて頂き、酵素風呂の質感を確かめながら竹岡農園の酵素との違いを考え、改良すべき点を数点ピックアップしてきました。

ただ本家に限りなく近づけばよいという訳でなく、場所が違えば気候も波動も異なるため、その場所に適したアプローチが必要となります。
様々な情報をインプットしつつ、最終的には感覚を研ぎ澄ませて管理をしていかなければなりません。
微生物の世界は繊細かつ難解ですが、それでこそチャレンジしがいがあるというものです。

また今回の研修ではメンテナンスの面だけでなく、一人一人の症状等に合わせて入浴の体位を変えたりする等の細かなサービスも非常に勉強になりました。

今年の糠天国のテーマは「世界一の酵素浴に」です。
ナンバーワンというのは我々が決めることではありませんが、ここ笛路村でしか表現できないオンリーワンの酵素浴を作っていきたいと思います。

27459837_978099089013635_8502341844632537184_n.jpg
27751511_978099112346966_8870744837308843236_n.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹波の百姓

Author:丹波の百姓
奥丹波地域と呼ばれる丹波の最奥にある世帯数13件の小さな集落 笛路村。
ここでは4方が山に囲まれ、源流と呼ばれる川の最上流に位置し、代々お百姓さんたちが積み上げた石垣の棚田を綺麗に保全する原風景が今も存在しています。

竹岡農園はその最上部に位置し、露地野菜を中心に無農薬・無科学肥料栽培で生産活動を行ってきました。
私たちは、一人一人の手作業を中心に一つ一つ真心込めて育てることを大切にしています。山間部の一枚一枚日照時間の違う畑で、毎年変わる気候変動に作物を心配し、作業を工夫し、作物自身が育つ力を信じることを一年一年積み上げていきたいと思っています。

農村の暮らしが息づく里山で竹岡農園に関わる全ての人が、人間本来の在り方に気づいて、ほっと出来るようなそんな居心地の良い場所になれるよう自然と共に生きていくことが竹岡農園のミッションです。

お問い合わせ
TEL :0795-71-1240(現場仕事なのでほぼ繋がりません)
携帯:080-1518-5904(代表)
酵素風呂・民宿のご予約は、080-8537-0541

メール:info@takeokafarm.com