FC2ブログ

記事一覧

第6回ナチュラルキャンプ2018

竹岡農園は里山で仕事を生み出すことをミッションにしていますが、同時にNPO法人丹のたねでコミュニティボランティア活動をしています。
仕事以外の地域活動ということですが、そのNPOの代表企画ナチュラルキャンプが無事に終了しました。地域の皆様、関係者の皆様、参加者・サポーターの皆様のおかげで今年も無事にナチュラルキャンプを終えることが出来ました。
最終日のナチュラルキャンプ夏祭りに出店していただいた店舗の皆様、演奏者の方々おおいに祭りを盛り上げて頂き感謝いたします。
アルバム、動画などは後日facebookなど丹のたねのSNSで少しずつ上げていきます。

様々な立場の関わって頂き、参加者の全ての方が魅せてくれた笑顔は、丹のたねにとって誇りです。
本当にありがとうございました。

38630412_2057888964221616_7458641584918102016_n.jpg
38519112_2277408572379288_4009831787382439936_n.jpg
38600498_454525698365617_4869614945039286272_n.jpg
38651749_271727056972051_8508091731021922304_n.jpg
38725293_226295864749687_2580319538578980864_n.jpg
38689497_1175405032625207_9078179782650232832_n.jpg
38674361_286788952085442_7106346424312266752_n.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

丹波の百姓

Author:丹波の百姓
奥丹波地域と呼ばれる丹波の最奥にある世帯数13件の小さな集落 笛路村。
ここでは4方が山に囲まれ、源流と呼ばれる川の最上流に位置し、代々お百姓さんたちが積み上げた石垣の棚田を綺麗に保全する原風景が今も存在しています。

竹岡農園はその最上部に位置し、露地野菜を中心に無農薬・無科学肥料栽培で生産活動を行ってきました。
私たちは、一人一人の手作業を中心に一つ一つ真心込めて育てることを大切にしています。山間部の一枚一枚日照時間の違う畑で、毎年変わる気候変動に作物を心配し、作業を工夫し、作物自身が育つ力を信じることを一年一年積み上げていきたいと思っています。

農村の暮らしが息づく里山で竹岡農園に関わる全ての人が、人間本来の在り方に気づいて、ほっと出来るようなそんな居心地の良い場所になれるよう自然と共に生きていくことが竹岡農園のミッションです。

お問い合わせ
TEL :090-6249-5540
携帯:080-1518-5904(代表)
酵素風呂・民宿のご予約は、090-6249-5540

メール:info@takeokafarm.com