FC2ブログ

記事一覧

最強の暖炉を求めて。

美山里山舎へ。山に道をつけて、木を切り出し、家を建てる宮大工に会ってきました。針葉樹もがんがん燃やせる暖炉を改修中の里山レストランに据え置きます。冬場は超あったかいと思います。ご期待あれ。...

続きを読む

第6回ナチュラルキャンプ2018

竹岡農園は里山で仕事を生み出すことをミッションにしていますが、同時にNPO法人丹のたねでコミュニティボランティア活動をしています。仕事以外の地域活動ということですが、そのNPOの代表企画ナチュラルキャンプが無事に終了しました。地域の皆様、関係者の皆様、参加者・サポーターの皆様のおかげで今年も無事にナチュラルキャンプを終えることが出来ました。最終日のナチュラルキャンプ夏祭りに出店していただいた店舗の皆様、...

続きを読む

復活してきた茄子たち

先日の大雨、突風でゆられ、こかされてしまった茄子たち。何とか良い実を成らしはじめました。根を傷めたらなかなか本調子になるまで時間かかりそうですが、美味しく頂いています。茄子栽培はすぐに水をためられるような場所でやっています。元田んぼの場所ですが、水を好む茄子には最適。このまま順調に大きく育ってくれればいいですね...

続きを読む

見習い2ヶ月目に突入。

笛路村での農業は圃場の半分が草刈り面積なので、草刈りをいかに安全に、早く、正確にやれるかが第一歩です。見習い高石、2ヶ月目に突入。最初の3ヶ月で、得手不得手を見極めて2年後の目標を一緒に決めていきます。デビュー戦無事に終えることが出来ました。...

続きを読む

2018年度体制

6月から高石が新しく住み込みで百姓見習いとして農園で働いています。今年は、源流野菜セットとして、笛路村の地の利と竹岡農園の無農薬栽培の特徴を生かした、とことん純粋な野菜たちを育てていこうと思っています。仲間がまた一人増えましたので、ご来園の方々には色々とまたお世話になりますがよろしくお願いします。...

続きを読む

プロフィール

丹波の百姓

Author:丹波の百姓
奥丹波地域と呼ばれる丹波の最奥にある世帯数13件の小さな集落 笛路村。
ここでは4方が山に囲まれ、源流と呼ばれる川の最上流に位置し、代々お百姓さんたちが積み上げた石垣の棚田を綺麗に保全する原風景が今も存在しています。

竹岡農園はその最上部に位置し、露地野菜を中心に無農薬・無科学肥料栽培で生産活動を行ってきました。
私たちは、一人一人の手作業を中心に一つ一つ真心込めて育てることを大切にしています。山間部の一枚一枚日照時間の違う畑で、毎年変わる気候変動に作物を心配し、作業を工夫し、作物自身が育つ力を信じることを一年一年積み上げていきたいと思っています。

農村の暮らしが息づく里山で竹岡農園に関わる全ての人が、人間本来の在り方に気づいて、ほっと出来るようなそんな居心地の良い場所になれるよう自然と共に生きていくことが竹岡農園のミッションです。

お問い合わせ
TEL :090-6249-5540
携帯:080-1518-5904(代表)
酵素風呂・民宿のご予約は、090-6249-5540

メール:info@takeokafarm.com